猫を飼うって大変!飼い猫で体験した費用や家に傷がつく話

猫の金銭事情編

こんにちは、あおしおです。

みなさんは猫と暮らすってどんなイメージがありますか?
「かわいい」「癒やされそう」こんなイメージじゃないですか?

私も猫を飼い始めたとき「かわいい」という理由で飼い始めました。

でも猫と一緒に暮らしていく中でお金はかかるし、家の中も大変なことになることを知りました。
そこで今回は、猫を飼いたいと考えている方に猫との生活についての心構えを紹介します。

費用事情

キャットフードの費用


毎月のキャットフード代は約2000円です。
わが家には2匹の猫がいて、2匹ともよく食べるので2kgのキャットフードを毎月2~3回買っています。

これまでいろんな味を試してきましたが、今は「肉・魚・野菜のミックス」を食べさせています。

猫のご飯って種類がいっぱいあるのはいいけど迷います。
迷ったときは猫に食べてもらい、ガツガツと食べる味を選んでいます。

ワクチンの費用


わが家の猫は年に1回、混合ワクチンというものを接種しています。
病院によって値段は異なりますが、1匹4000~5000円します。

混合ワクチンはウイルス感染症から命を守るワクチンです。
ワクチンを接種していないと免疫がほぼなくなり、命に関わることがあるそうです。

わが家の猫は外に出ていきます。
帰ってきたときに血が出ていたり、毛がなくなって皮膚が見えていたりとケガをしていることが多いです。
外には野良猫や虫がいるので、どこでどんな病気をもらってくるか分かりません。

ケガをした状態で家の中を歩き回ったり、、両親の部屋で寝たり、いろんなところに触れるので家の中にもウイルスを持ち込んでくる可能性があります。

ウイルスから猫や家族の命を守るためにもワクチン接種は大切なことだと思います。

手術の費用


わが家の1匹の猫が肺に水がたまる病気で入院・手術をしました。入院は2泊3日で、費用は7~8万円しました。
ペット保険に加入していなかったのですべて自腹です。

飼い主はペットの命も預かっています。

私は以前、愛犬の死を経験して大号泣したことがあります。目の前で苦しんでいるのに声を掛けることしかできませんでした。
今回も、猫が横たわり苦しんでいる姿をみて、すぐに動物病院に連れて行きました。すぐに手術が必要と言われ私は頭が真っ白になりました。

「助かってほしい」と願って病院を後にしました。

普段なにげなく暮らしていると、猫がいてくれることを当たり前と思っていました。
だけど、1~2日ほど離れて猫の存在に私が助けられていたことに気づくことができました。

毎日癒してくれて、足にスリスリしてくれて、私を頼ってくれていることが幸せだってことをです。

猫を飼っているとケガをしたり、病気にかかることがあります。そのとき、動物病院にかかる診察代や入院代、手術代が必要になります。
急な出費で慌てないようにペット保険に加入しておくのもいいかと思います。

無事猫が退院して、家に帰ってきたとき家族は喜んでいました。
それだけ、猫が家族にとって大きい存在だってことを改めて知ることができた入院でした。

避妊手術の費用


猫は1年に4回出産することが可能で、1回の出産で3~8匹産むそうです。

この数字をみてどう思われますか?飼うことはできますか?

避妊代は病院によって値段は異なります。
わが家の猫の場合、入院・手術代などを含めて2~3万円でした。費用は高いと思いますが、望まない妊娠を避けるためには必要なことだと思います。

猫に手術を受けさせることに不安があると思います。

私も猫の手術はこのときが初めてだったので、手術を受けさせたいけど成功するかなぁと不安でした。
だって「手術」って言葉だけで怖いし、猫の体に傷跡が付くし、生きて帰ってきてくれるのか心配だったからです。

その後、手術は無事に終わって、病院で猫に再開したときは泣いちゃいました。

猫が好きな方にとって猫がいることは幸せなことだと思います。
だけど、好きだからといって猫が増え続けると先住猫も居場所がなくなるし、人も世話や金銭的なことでストレスになると思います。

猫と人、お互いのためにも避妊手術の選択は大切なことだと思います。

その他の治療費


猫の体調はいつ悪くなるか分かりません。
わが家の猫も下痢とおう吐があり、動物病院に連れて行ったことがあります。
このときは、診察とノミ除去の薬もしてもらい、支払金額は診察と薬代で約5000円だったと思います。

以上のように、いつ病院に連れていくことになるか分かりません。
急な出費にも対応できるように日頃から準備しておくことをおすすめします。

家の中の事情

家中に傷がつく


猫は爪とぎをするので、家に傷がつきます。柱や壁などあらゆるところに傷がつきます。
わが家でも初めて猫が柱に傷をつけたとき、父が激怒していました。
毎日、爪とぎをするので柱が無くなるんじゃない!!っていうくらい傷はひどいもんでした。

その後、爪とぎ用のポールやキャットタワーを設置。家の中に傷をつけることはなくなりました。

私も猫と暮らして初めて知ることが多かったです。爪とぎも「こんなにするんだ」って思ったし、まさか柱にするとは思っていなかったので「げっ!どうしよう…」と思いました。

猫を飼いたいけど、家に傷を付けたくないと思うなら予防策を考えて猫を迎え入れてくださいね。

家中にマーキングをする


オス猫が家中におしっこをするのはマーキングで、去勢をしていない猫がいれば当たり前に起きる現象だそうです。
わが家のオス猫も去勢をしていないので障子や壁におしっこをします。

猫がおしっこをしたら注意はしていますがなかなか治りません。猫の健康のためにも去勢手術をしたほうがいいのか家族と検討中です。

抜け毛がすごい


暑い夏と寒い冬に備えて春と秋は毛の生え変わる時期なので抜け毛が多くなります。

わが家の猫も抜け毛が多くて、処理が大変です。猫をなでるだけで手に毛が付いたり、服にも毛が付いたり、床にも毛が転がっています。

服に毛が付いたときは掃除用のコロコロで取ります。なので、わが家ではコロコロは必需品です。

床にも毛があると靴下に毛が付きます。その靴下をそのまま洗濯すると他の洗濯物にも毛が付くことがあります。

あと、猫のご飯に毛が入ってしまい、猫がご飯と毛を一緒に食べてしまってペッと毛を吐き出すこともあります。

わが家では日頃からブラッシングをしてあげています。それでも抜け毛は減りませんが、ブラッシングはスキンシップにもなるので猫とのコミュニケーションとして取り入れるもいいかと思います。

まとめ

私が猫を初めて飼ってから10年たちました。
この10年の間に猫とのたくさんの思い出ができました。

猫と私が遊んだときは元気がよすぎて猫が転んだり、私に突進してきたりと面白くて笑いが絶えませんでした。
猫と私が一緒に寝たときは、猫が私に寄り添って寝ている姿が愛しかったです。

猫が病気になって手術をしたときは、一晩離れるだけで不安でした。無事に帰ってきてくれることだけを祈っていました。
猫が家出をして帰ってこなかったときは、もう会えないんだと悲しい気持ちになりました。

ペットと暮らしているとお金のかかることもあります。だけど、幸せや生きる学びをペットから教えてもらうことができます。

猫も家族の一員です。猫が幸せだと思える環境を作って、愛情をもって接してあげてください。

追記

ワクチンの接種の回数は、以下の回数が目安になるそうです。
子猫の場合

  • 最初の接種:生後2~3カ月ごろ(母体からの免疫がなくなるから)
  • 2回目の接種:最初の接種から約1カ月後
  • 3回目の接種:2回目接種から約1か月後
  • 追加の接種:3回目の接種から半年~約1年後(“ブースター”と呼ばれる)

成猫の場合
単頭飼育で家から出ない場合と多頭飼育で外に出る場合で違うので獣医師と相談するのがよいそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました