猫の抜け毛は病気もあるので要注意!!換毛期における原因と対策

猫の病気編

こんにちは、あおしおです。

いきなりですが、猫の抜け毛って多くないですか?
どんだけ抜けるのっていうくらい多いです!!

猫の毛が家中どこにでも落ちているので、服にも手にも着いて掃除が大変です。
くしゃみも出るし、鼻もかゆくなるしどうしたらいいものか毎年毛と戦っております。

そこで今回は猫の抜け毛対策とどうして抜け毛になるのか紹介します。

そもそもなんで抜け毛になるの?抜け毛の原因は?

抜け毛の原因には以下のことがあるそうです。

換毛期(かんもうき):春先の3月頃に夏に向けて毛をさっぱりと軽くし、冬直前の11月頃に冬に向けて毛の量を多くしているとのこと。

ダブルコート:シングルコート(一層)とダブルコート(二層)に分けられる。
ダブルコートは毛が外側と皮膚側の二層構造になっている。皮膚側の毛が体温調整をしているので、体温調整のために抜け毛が多くなるそうです。

加齢:高齢の猫は、毛づくろいをすることが減るらしく、毛が絡まり、抜け毛が多くなるらしい。
飼い主がブラッシングをしてお手伝いをしてあげることが解決につながるとのこと。

ストレス:猫はストレスに弱い生き物。ストレスによって抜け毛が増え、脱毛症になることもあるそうです。環境の変化、騒音などストレスを減らせるように家の中を安心できる場所として作ってあげることが大事とのこと。

わが家の猫は、換毛期に毛が大量に抜けます。猫が歩くだけで毛が舞っているし、毛づくろいをして毛が固まり猫が「ペッ!」っと吐き出すこともあります。

換毛期は家の中が猫の毛だらけになるのが恒例行事!!
この記事を書いているときは夏で体毛も薄く、毛は固く、見た目は冬の毛よりも色が薄いような感じです。

冬になると見た目もふわふわして、色も濃ゆくなります。

加齢の猫はいないので、猫自身で毛づくろいはしている様子。脱毛症などは今のところ見られませんが、抜け毛を甘く見てはいけませんね。

病気になっているかも!!


以下が抜け毛から分かる病気のサインとのことです

皮膚糸状菌症:猫カビとも言われ、カビが毛や皮膚に付き皮膚炎を起こすとのこと。脱毛の症状が顔周りに見られるそうです。

疥癬:ダニが寄生し発病するとのこと。かゆみがひどく、発疹・かさぶた・ふけが見られる場合もあるそうです。

ノミアレルギー:ネコノミが猫の体に寄生し、アレルギー症状を引き起こすとのこと。激しいかゆみが特徴で、発疹・脱毛などの症状が見られるそうです。

この3つ以外にも病気のサインになる可能性もあるらしいので猫の抜け毛には要注意していたほうがいいと思います。

わが家の猫は、ノミやダニ予防に動物病院で予防の薬を投与してもらいます。

これ以外にも、首輪でノミ・ダニ予防できるものもあります。でも、猫が外出するので気づいたときには猫の体毛の中にノミを発見するときも!!

完全な室内飼いならいいのですが、外出するので野良猫に会ったりして外でどんな病気をもらってきているか分かりません。

日頃からも猫は体がかゆいので掻いたり、毛づくろいをして毛が落ちていることもあります。
ただ、毛が落ちていると思わず、猫の体に異常がないか飼い主として愛猫の様子を見守り続けていきたいと思いました。

抜け毛対策はこれ!!

対策としては以下の3つがあるそうです。

ブラッシング:長毛猫は1日2回、短毛猫は1日1回を目安にブラッシングを行う。

シャンプー:ペット用のシャンプーを使用する。無理に行う必要なはい。

ペット用グローブブラシ:軍手に似ていてペットにマッサージをしてあげることもでき、ペットがリラックスした状態で抜け毛を取ることもできるアイテム。

毎年悩まされる猫の抜け毛ですが、わが家では対策としてブラッシングをしてあげます。
ブラッシングをすると毛がごっそり取れるからです。

ブラッシングをしてあげると猫もゴロンっておなかを見せてきます。
気持ちがいいんでしょうね(笑)

でも、何回ブラッシングを続けても毛がブラシにずーーーと付着しています!何回も何回しても…。

手で猫の体をなぞっても手に付着しています。
換毛期の毛は手ごわいです!!!それに、手に付いたらなんかベタベタして毛が取りづらく、毛を取ろうとするとチクチクしてかゆくなる無限のループ状態です。

ブラッシング以外にも体の汚れを落としてあげたいとシャンプーを試そうと思ったこともあります。

でも、水に濡れるのが嫌いなので使用しないタオルなどで拭いてあげることもあります。拭いたタオルは毛が付いたまま捨てています。

抜け毛の掃除は?


わが家ではコロコロを使用しています。

ソファや服に付いた毛も取れるし、持ち運びできるのが便利ですよね。
たまに、猫に直接コロコロをして毛を取る方法もやっています。嫌がるときもありますが、だいたいはコロコロをすると寝そべって「お願いしま~す!!」のような表情をします(笑)

あとは、掃除機をかけています。

フローリングや階段に毛が落ちているので掃除機で吸って、モップをしています。
カーペットなどの布製品はコロコロを使い、毛が残らないように取ります。しかし、掃除をしている途中に猫がカーペットの上に寝るので「コラーーー!!」と言いつつ、またコロコロで取る。この繰り返しです。

わが家の猫の抜け毛状況

わが家で猫を飼い始めたとき、抜け毛の量が多くてビックリしました!!

「キャー!なにこれーー!」

歩くと靴下・ズボンにも毛が付くし、猫が寝たソファにも付いているから座ると服にも付いているので…(汗)
わが家では猫が来てから掃除用のコロコロが手放せなくなりました。

それから数年がたつと抜け毛にも慣れちゃって(笑)
猫の毛が床に落ちていてもなんとも思わなくなり、靴下に付いていてもコロコロで取ればいいや~って感じで過ごしています。

ただ、猫と一緒に布団で寝るのは危険です!!

朝に起きたら上下の服に毛がいっぱい付いているから!!!顔にも毛が付いてチクチクするし、布団の毛も取らないといけなし、冬なんて毛布にも付いているのでまぁ~大変です!!

冬は寒いから、猫も布団に入りたがるので毎日抜け毛の掃除が必須です。

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?
猫を飼っていると毎年の悩みとして抜け毛がでてきませんか?

「また、毛が落ちてる~」なんて通り過ぎちゃダメです!!
もしかしたら、病気になっているかもしれません!!

対策や予防で猫を命から守れるために、抜け毛のチェックをしていきましょう。

追記

猫の抜け毛を放置すると、猫の体に毛が付いたままだと毛がもつれて皮膚病の原因になったり、猫が毛玉を飲み込んで胃の粘膜を刺激して起こる毛球症の病気になる可能性があるそうです。

また、毛玉が腸で詰まり腸閉塞になる場合もあるとのこと。

このような病気を防ぐにも飼い主は愛猫の抜け毛もしっかりと対策をしてあげることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました