子猫は何食べる?ミルクを卒業してキャットフードを食べるまでの話

仔猫編

こんにちは、あおしおです。

「苦労も多いけど楽しかった」と思える子猫の子育て!!
ミルクを卒業したら「何をどんな風に食べさせていいのか分からない」ってありますよね?
私も不安でどうしたらいいのか分かりませんでした。

そこで今回は子猫のリツがキャットフードを食べてくれるまで大変苦労した経過をお伝えしていきます。

ミルクの卒業


ミルクから離乳食に替わるタイミングは生後1カ月を過ぎた頃や乳歯が生えそろったらミルクの卒業する時期だそうです。

リツも乳歯が生えてきた時期にミルクを卒業しました。
でも、急にミルクが飲めなくなるのもかわいそうだったので、間食にミルクを与えていました。

間食のミルクは少しずつ減らしていくようにして、水にも慣れさせていきました。

離乳食を作るまたは買ってみよう

自分で作る

自分で作ることもできます。耐熱皿に子猫用のキャットフード(ドライタイプ)と水を入れてレンジで温めます。温める時間はキャットフードが柔らかくなるまでです。

温めたら、レンジから出して人肌程度まで冷まして食べさせます。

私は始めて作るときに慣れなくて

  • レンジでチンしてもキャットフードが硬いままだった
  • 水の入れすぎでキャットフードが柔らかくなりすぎた
  • 温めすぎてレンジの中で沸騰しすぎて器からこぼれてレンジの中を汚してしまった

上記の3つの失敗をしていました。まぁ慣れていないので失敗はつきものですけどね(笑)

しかし、毎日離乳食を作り続けていると水の量や温める時間もだんだん分かってきます。

リツのためと思うと毎食作るのも楽しかったし、成長するリツを見られるのがなによりの楽しみでした。

市販の物を買う


離乳食はホームセンターやドラッグストアに販売してあります。
価格は100円台~あり、味の種類も豊富にあります。

私は何を買ったらいいか分からなかったので事前にネットで調べて総合栄養食の離乳食を購入。
その他に缶詰(ウェットタイプ)もあったので追加で購入しました。

私が離乳食を選ぶ基準にしていたのが、何を食べさせようかではなく猫の好きな味を選ぶようにしていました。

理由は、リツは好き嫌いが多くはないけど、たまに嫌いな食べ物のときはにおいをかいで口を付けないときもあったからです。

種類が豊富で迷うかもしれませんが、まずは人の気持ちを優先にするのではなく栄養だったり猫の好みに合わせて選ぶのもいいんじゃないかぁと私は思います。

実際に離乳食を食べさせてみよう

指に付けてなめさせよう


実際に離乳食を食べさせようとしたもののどうやってあげようかなぁと私が考えたことは、
「離乳食に慣れさせるために私の指に離乳食を付けてリツになめさせてみよう」でした。

どういうこと?と思ったかたもいると思います(笑)

リツにとって離乳食は初めての食べ物、味、食感です。
食べた瞬間にビックリするかなと思ったので指に少量の離乳食を付けて食べさせました。

ただ、注意点があります。子猫も乳歯が生えているので指をかまれます!!乳歯とはいえ痛いです..(汗)

指に付けて食べさせたのは1回目だけで、2回目の食事からはお皿にうつして与えていました。

お皿でご飯を食べさせてみよう


ふやかしたキャットフードをお皿に入れて1日3~4回(朝・昼・夕は少なめ・夜)食べさせていました。

ただ、ケージの外にお皿を置くと成猫も食べようとします。
すると、リツが食べられなくなっていたので、お皿をケージの中に入れて食べさせるようにしていました。

リツ
リツ
おなかいっぱい食べたよ!

食べさせるときは食べこぼしもあります。新聞紙を敷いた上にお皿を置くと後片付けも楽チンです。

キャットフードを食べさせてみよう


子猫用のキャットフード(ドライタイプ)をふやかさずに食べ始める時期は生後2~3カ月を過ぎた頃からだそうです。
あとは、子猫の成長を見て決めるのもよさそうです。

リツも2~3カ月を過ぎた頃に子猫用のキャットフードを食べさせていました。

ただ、下痢やおう吐をするときがあったので、動物病院の先生に子猫のご飯に関する話を聞いて食べさせるようにしていました。

おやつをあげてみよう

ちゅーる


ちゅーるはホームセンターやドラッグストアで購入できます。味も豊富にあって、わが家では購入するたびに味を変えて食べさせていました。

キャットフードでは好き嫌いがあるリツですが、ちゅーるはどんな味でも食べていました。
ちゅーるはスティックタイプなので持ち運びも便利です。

家の中、外などいろんな場所で食べさせることができるのでおやつとしてわが家の猫に人気です。

チーズ


ペット用の食品でチーズも販売されていたので食べさせたいと思い購入していました。
固形タイプからスライス状になっているタイプもあり、少しずつちぎって食べさせました。

にぼし


ペット用で減塩のにぼしが販売されています。わが家のリツには体が大きくなってからあげ始めました。
リツの食べ方は身だけ食べて頭は残す食べ方で、にぼしの頭だけいつもお皿に残っていました。

残ったにぼしの頭は細かく砕いてキャットフードに混ぜたりして食べ残しがないようにしていました。

にぼしをあげ始めたときはリツも食べていました。しかし、少しずつ残すようになり、最終的にはまったく食べなくなりました。

あと、のどに引っかけて何度か吐くようなしぐさをしたこともあったので、わが家でにぼしを買う機会はなくなりました。

今回は、ペット用のにぼしもあることを知ってもらうために紹介させて頂きました。

かつおぶし


小魚と一緒で減塩のかつおぶしもあります。
かつおぶしは、キャットフードと混ぜて与えるのもいいですし、おやつとして食べさせるのもいいと思います。

ただ、歯にくっつきやすいので必ず水と一緒に与えていました。

リツ
リツ
ちょっと食べづらいときもあったよ

リツはかつおぶしに対して好き嫌いがあって、食べるときは食べるし、食べたくないときは食べないぞ!みたいな感じでした。

猫ってわがままだなと思います(笑)

だけど、そのときの食べたい気分もあると思うので食べたくなさそうなら無理にあげなくてもいいと私は思います。

まとめ

ネットで調べると情報がありすぎて迷うと思いますが、分かりやすいサイトを参考にするといいと思います。

子猫を育てることは大変な時期もあります。だけど、終わってみると楽しかった気持ちが大きかったです。

大変な時期は食事を与えていると体に合わずに下痢やおう吐をしたことです。

どうしたらいいのか分からず私も驚いて「どうしよう!!」ってなりました。
パニックになるかもしれませんが下痢やおう吐をしたときはすぐに動物病院に連れて行ってあげてください。

子猫なので心配事は増えますが、成長するのは早いので大変な時期も思い出です。

あと、ペット用品に関してはネットで購入するのもいいですが、ホームセンターやドラッグストアで販売されているので実際に商品を見てみるのもいいですよ。

追記

猫がご飯を食べる場所は、

  • トイレから離れている:衛生面を考えて
  • 静かな場所:周りがうるさいと落ち着けない
  • いつも同じ場所:毎回バラバラだと困る
  • 飼い主の目が届く場所:異常に気づける

がいいそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました